blog

外部改修工事レポート~シーリング工事は高耐久シーリングが必須~

おはようございます。
ココデリフォーム春日井北店の中島です('ω')ノ
最近雨がちょいちょい多くて外壁工事が予定通りおわっていかず難儀しております(;'∀')
梅雨も早く来そうな感じで外壁シーズンが今年は短くなりそうです(;´∀`)
外壁工事を梅雨前に検討中の方はお早めに!!!
さてまたまた久しぶりの現場レポートになってしまいましたが張り切ってレポートご紹介
していきます(;´・ω・)
前回、抗菌高圧洗浄でしっかり外壁の汚れ・カビを根こそぎ除去して綺麗な下地作りが完了したので次は
シーリング工事に移っていきます!!!
ちなみに前回の抗菌高圧洗浄編をご覧になってない方は是非読んでみてから今回のレポートをご覧いただけると嬉しいです(●´ω`●)

雨漏りの原因で多い箇所とされる部分がシーリング部分の劣化箇所からの雨水の侵入によるものです。
目地のシーリングが紫外線劣化で効果して割れてきたり剥がれ落ちてきてその隙間に雨が入り雨漏りや外壁の裏側に侵入して外壁材を痛めてしまったりします(。-`ω-)
ですのでシーリング部分のメンテナンスは塗装と同じくらいとても大切なのです!!
今回の現場も目地やサッシ廻りのシーリングが劣化していたのでしっかりメンテナンスしていきます!
先ず目地のシーリングを撤去していきます(・ω・)ノ



できる限り既存のシーリングが残らないようにしっかり撤去していきます!!
既存シーリングが多く残ってしまうと新しいシーリングの密着が悪くなってしまう恐れがあります!!

しっかり撤去した後はシーリングをしっかり密着させる為にプライマーを塗っていきます!!



そしてシーリングを打っていきます!!
そこで今回使用したのがオート化学の「イクシード15+」です('◇')ゞ
こちらのシーリング材は高耐久シーリング材でシーリングを打って上に塗膜が塗られていない状態でも耐久年数15年ほど持つというかなり優れ物シーリング材です('ω')ノ
今回外壁に塗る塗料も高耐久の塗料ですので塗装部分だけ15年から20年の耐久性があってもシーリング部分が7、8年しかもたない物を使用してはせっかく高耐久の塗料を使用した意味がなくなってしまいます。
ですので高耐久の塗料には高耐久のシーリング材が必須なんです!!

こちらがその優れ物シーリング材「イクシード15+」です(●´ω`●)



これを注入していきます('◇')ゞ



そしてへらで均していきます('◇')ゞ



はいっ!打ち替え完成です( *´艸`)



サッシ廻りは無理に撤去を行うとサッシに傷をつけてしまう恐れがあるので増し打ちで保護していきます('◇')ゞ
シーリング工事無事完了いたしました(・ω・)ノ

撤去したシーリング達を集めたらすごい量になりました(; ・`д・´)



まるで調理前のうどんの麵状態です(;'∀')
かなり特盛です!!

これで雨漏りの原因の一つを保護する事ができます!!
さて次回はいよいよ外壁を塗っていきます(*'ω'*)
あまり久しぶりにならないようにレポートあげていきます!!たぶん・・・
いや!!上げます!!!
それではまた次回お楽しみに☆☆☆


投稿者