中古住宅リフォーム家具レイアウト付きがお勧めです!現場レポート3

おはようございます。
書いたブログが一瞬で消えるという怪奇現象に、現在2度目を書き直しています・・・。
ちょっとへこみ中です。

そんな中ですが、最近のクリーン活動のご報告です。
まだちゃんと続いていますよ~。今週が終われば3か月続いています・・・やればできる!








こんな感じで、毎週コツコツ店長と二人で頑張っています!!

さて、本日は家具のレイアウトご提案までトータルでご提供しての中古住宅のリフォーム工事の現場レポートです。

前回は・・・


キッチンの設置準備のための配管を新規で引っ張ってくる工事まででしたね。
引っ越しとキッチン据え付けの都合上、床下に配管を眠らせたままの状態でした。


床下で大工さんが配管工事を行っていえる上では実は電気工事が同時に進行中。


キッチンには食洗機がついているので、近くにあった分電盤から専用回路を持ってくる為に
分電盤付近をまず工事して直接配線を持ってこれるようにします。

今回はお客様の食器棚にレンジや炊飯器などの家電も置かれます。
その配線は確かに延長コードでよそのコンセントから引っ張ることも可能ですが

それだと、使用時にいくつもの家電を同時に使用するとブレーカーが飛ぶ悲劇が起きます。

私達のリフォームでは、その不便さから必ず脱却してもらっています。
私が主婦ですので、とんだ時の絶望感とイライラは体験済。
その思いをお客様にさせてしまってはプロ失格!!


天井にも穴を開けさせてもらって食器棚がおかれる付近に
これも容量の大きい配線をご用意していきます。


図面で電気の位置は指示が出ていますが
必ず電気工事が始まる前には現場に伺って電気屋さんと位置の最終確認をして
現場にしるしをつけて工事着工となります。


下地の都合でどうしても図面通りに付かない事もありますし
そのあたりも全部チェックしておかないと、出来上がってから不思議な位置の電気に苦笑いではすみません・・・。

一つずつ、手間はかかりますがすべてお客様の為とおもえば全然できる手間です。

この後は天井を塞いでクロスを天井のみ貼り替えていよいよキッチン組み立てへ進みます。


今回は納まりとシンクの大きさからクリナップのクリンレディーを入れさせてもらっています。
ステンレスのキャビネット!!って事が実感できる瞬間。


オープンキッチンならではの撮影風景です。
壁につけてしまうと裏がどうなっているか見えることはありませんものね。


背面はキッチンを組み立ててから背面のパネルを取り付けていきます。
ひとつづつ時間がかかりますが組み立てです。


食洗機も仕込んでこれで組み立て完了です!
皆さん写真の異変に気づかれたでしょうか?


そう!
お客様、すでに引っ越しが完了されています。
先に終わらせてある電気工事は、家具のレイアウトに合わせてコンセントが増設されています。

引っ越し業者さんには、私が書いた図面を元に指示が出されたようで
スムーズに配置が完了したとの声をいただきました。

本当に嬉しい一言です!

さあ完了したキッチンです。





セカンドキッチンとして設置させていただきました。

ダイニングテーブルを寄せて対面キッチンとしてご利用されます。
奥様のご希望でキッチンを置いても狭く見えないように色はとにかく明るく。

人造大理石のカウンターも扉もホワイトが基調となっています。

すでに引っ越しが終わっていらっしゃるので部屋全体の写真は控えさせていただきました。
やっぱり、恥ずかしいですものねエ。

住み始めてすでに2か月となるこちらのお宅では、快適にお使いいただけているようです。
庭でのバーベキューも楽しまれていらっしゃいますし
3匹いるワンチャンも、庭と自宅を自在に行き来して満喫。

家庭菜園でとれたジャガイモもいただいてしまいました!!

さらに
昨日、窓の省エネ工事を再び工事申し込みしていただきました。
本当にありがとうございます。

次の工事は7月末。
今はやりの窓のカバー工事が一部含まれているエコ工事となります。
きっと、なかなか見れない工事ですので、またレポートさせていただきます。

一つの工事の後に
また工事をいただけると
自分たちのリフォームに合格スタンプを押していただけた気分になります。

前回のリフォームで感じていただけた満足を
次の工事で絶対に落とすことが無いよう、気を引き締めて臨みます。

本日は長くなりましたが、次回からは水廻り工事のレポートとなります。
長いブログですみませんでした。


今日のブログは最近買ったLED照明器具の梱包材がお気に入りな空の執事
設計桑山でした。

そら・・・お手てがナイスフィットだねえ・・・。