blog

外部改修工事~防水のメンテナンスは定期的に「下地処理」~

こんにちは営業の中島ですm(__)m
すっかり梅雨時期感たっぷりのジメジメな日が続きますね(@_@;)

先日大阪での大きな地震があり知り合いのリフォーム営業マンの働いている会社がある地域が地震エリアに入っていたのでびっくりして連絡をとってみたら大丈夫という事で安心しました。
ですが被害にあったお客様からの修繕依頼の連絡がかなりあるそうでそれにてんやわんやとの事でした。
同じリフォーム営業としてなにかサポートできることがあればと思いましたがなんせ県外。
とりあえずエールだけでも全力で送っておきましたm(__)m
いつ自分の地域が同じ状況になってもおかしくない最近の地震事情。
その時の為に備えておくことはないかと考えさせられる今日この頃ですm(__)m

さて気持ち引き締めて外壁現場レポートをお送りいたしま~す!!
外壁の塗装が完了して次に防水工事スタートです。
既存の防水は陸屋根のシート防水とベランダもシート防水仕様となっております!!

その防水がこんな状態に・・・(@_@;)



ベランダの防水も(@_@;)



屋上のシート防水は既に膨れてしまいベランダは表面の防水が剥離してきていたり
ジョイント部分から捲れてきておりました!!
これではいくら外壁を綺麗に防水しても雨漏りのリスクを防ぐことはできません!!
外壁のメンテナンスと防水のメンテナンスは必ずセットで行う事が必須です!!
今回は屋上はまたシート防水で、ベランダはウレタン塗膜防水でのメンテナンスを行う事になりました。

先ずは既存のシートをしっかり捲っていきます!!




その後に掃除をしっかり行い下地工事でロペモルカチオンを使用して既存の下地を綺麗に馴らしていきます!







これで下地処理は完了です!!
なんでも下地処理、下地工事をしっかり行わないといけません!
しっかり立ち上がりまで下地工事を行ったあとは防水を下地に密着させる為の下塗り工事でございます。
が!!今回のレポート紹介はここまでm(__)m
長々レポートは見て頂く方が疲れてしまうかもですので・・・(-。-)y-゜゜゜
ということにしてまた次回に下塗りからご紹介させて頂きます!!
それではまた(*^_^*)


中古住宅リフォームは家具レイアウト付きがお勧めです!現場レポート2

こんにちわ。
現調、作図、見積もり出しと現在お客様に追いかけられるという
ココデリフォーム春日井北店は幸せな忙しさの中で毎日が進んでいます。

本日定休日ではありますが、職人さんからの見積もりをせっせとまとめてお客様にお出しできるよう準備しに午後から出勤しております。

日曜には楽しみな「保護猫譲渡会」inココデリフォーム春日井北店が開催されますので
子猫フィーバーに楽しくもみくちゃにされるためにも
今、必死で前倒しで仕事をこなしています!!

皆さん心の準備よろしいでしょうか?
今日はなかなか続きを書く隙間が無かった現場レポートの続きです!!
お待たせしてしまってすみません・・・。



前回は図面を起こして中古住宅にいかにお持ちの家具をおさめるか
家具レイアウトまでリフォームに含めてご提案させていただいている説明まででしたね。
今日はその続きから。

図面でOKをいただいて
工事のお申し込みをいただいたら・・・



着工時はこの状態。
最初にやることはこの図面を元に現場にて家具の位置だしをしていきます。



奥の小さくちぎった青いラインがキッチンや家具の実際の位置。
最初に家具の位置を出していきます。

なぜなら?
キッチンはこの家具の位置を決めてから微調整を行う為です。
1cmが命取りになる家具のレイアウト・・・。
大切な位置決めです。

奥様に実際に立ってもらって動いてもらってそれからキッチンの位置を決めます。
手前のライン上の青い物がキッチンの位置を決めたところです。


キッチンの右には冷蔵庫が来ます。
そして右手には実は出窓があります。

今回はキッチンが下の部分だけしか取付を行わないので圧迫感は出窓のおかげでありません。


こうやって、1つずつ納まりを確認しながらレイアウトを最終決定していきます。

これを適当にやって図面だけでGOすると
実際に立ってみたら全然イメージと違った・・・なんて事になるのが
リフォームの一番怖いところです。

「お金を払ったのに、全然気持ちよく使えない・・・」そんな思いしてほしくないです。

「うん!出来上がったらさらに良くなった!!」そう思って使ってほしい。
そうゆう気持ちを込めて時間を半日いただいて一緒に悩まさせてもらっています。

お客様にとってのベストが出せるように努力するための手間はけして
時間の無駄にはならないですからね。

こうやって位置を決めたらあとは工事スタートです。


今回キッチンには食洗機とシンクが付いてきます。
既設のキッチンの配管に接続させて作り上げていくので初めは床下作業となります。


大きな体を潜り込ませて
既設の配管へ新しいキッチンの配管をつなげていきます。

排水管は勾配が命。
特に油気の多い水が流れやすいキッチンは使っているうちに勾配が
確保できなくなると排水管が詰まる事態になります。

使い始めは問題なくても20年もすると毎日の不具合が漏水という結果となって出てきてしまいます。
キッチンなどの水廻りは丁寧に使ってもらえれば
25~30年はちゃんと使えるのが今の商品の良いところです。

高い費用を払って購入された水廻りの設備を耐久年数きちんと使い切っていただきたいので
ここも時間がかかったとしても丁寧な施工が大切だと思っています。


お湯と水の配管も既存のキッチンから分けて持ってきます。
コチラは床下転がしでOK。
所定の位置まで配管を持ってきて床下にストップです。


なぜ床に出さないのか?

その理由は引っ越しが工事中にあるからです。
中古購入のお客様。
キッチンはすでに1つある。
購入後始まるローンと賃貸の2重払いは苦しい物です。

早く引っ越ししたいお客様に合わせて工事をさせていただいているので
もし、この時点で床上にちょろっと配管を出すと・・・。

引っ越し中に躓いて転倒したら一大事です。
最低でも転んで引っ越しが中断・・・。
最悪だと持っていた家具を落として家に傷がつく・・・。
そんな心配が無いようにキッチンを組み立てる日まで床下にそっと配管は眠っていてもらうに限ります。

そこまで配慮できるよう限りなく注意を払ってリフォームの段取りをさせて頂いています。
工事は分断されてしまうので手間はかかりますが
それよりお客様の生活優先なのがリフォームです。

これも10年以上経験があって初めてできる配慮。
今まで私達を根気よく育ててくださったOB様たちがいてくれたから
今の私達があると思っています。

どんな時も今より前のお客様の所でさせて頂いた工事は
全てが自分たちの財産です。

そのお客様の思いを次の工事へ生かす努力は忘れないようにしていきたいと思っています。
長くなりましたが今日はこのあたりで。

私達の工事は消してお値打ちではありません。
安さには特化していません。
その理由がこんなところに実は遣わさせていただいているからです。

お支払いいただいた対価以上の物を常にお出しする事を忘れず
職人さんと一緒に、今日も頑張って仕事させてもらっています。


今日のブログは、昨晩、愛猫空にお布団を占領され
寝る時にそーっとどかしたら、思い切り叱られて
猫キックと髪の毛ナメナメ攻撃にあった設計桑山でした。
空・・・今日は仲良く寝ようね~。


外部改修工事レポート~外壁3回塗りをしっかり確認して頂けます!!~

東海地方も梅雨入りして去年に比べるとかなり早く来たみたいですね(; ・`д・´)
あっ!!お久しぶりです営業の中島です!!
毎回お久しぶりからのスタートですいません(ノД`)・゜・。
お久しぶりすぎて前回の投稿の記憶も全くないと思いますが前回はシーリング工事のレポートでしたので今回はいよいよ塗っていくレポートです('◇')ゞ
外壁塗装は基本下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りが基本とされています。
塗料の種類によっては2回塗りの物もありますが基本は3回塗り。ですが・・・
塗っている職人は何回塗ったかはもちろん塗っている本人ですのでわかりますがお客様はどうでしょうか?
職人からまたは営業マンから「3回しっかり塗っておきましたので!!安心してください!」
と報告があるだけ。
実際しっかり3回塗りされていたか結果としてわかるのは数年たってから異常がなければしっかり塗られていた(*´Д`)
数年で色あせや剥離が起きてきたら・・・残念( ;∀;)
これではお客様からしたら本当に安心できる工事とは言えません。
ですのでココデリフォーム春日井北店はお客様が工事中しっかり3回塗りしている事を確認して頂ける工夫しております。それは!!
下塗り・中塗り・上塗りの色をすべて変えて今何回目か見て確認して頂けるようにしています。

しかし今回現場で使用している無機塗料「セラスターウォール」は塗料の性質的に色変えが難しい塗料です・・・・が!!大丈夫です( *´艸`)!!
色替えできない代わりにセラスターウォールは下塗り材が艶消しで
上塗り材が艶ありの塗料になっておりそこで下塗りか上塗りかが確認できます!!
ちょっと写真では艶感が伝えにくいですがご紹介していきます!!

先ず専用の下地調整材を塗っていきます(1回目塗布)
ちなみに下地調整材は乳白色系の色です。




そして中塗りで無機塗料「セラスターウォール」下塗り材を塗布(2回目)
今回は現状色に近いアイボリー系の色をチョイスして頂きました(・ω・)ノ




ちなみに笠木は色替えをするため後から中塗り・上塗りを行いましたm(__)m
この状態で、もう下塗りか中塗りかが見てわかりますよね(*‘∀‘)
そして仕上げにセラスターウォールの上塗り材を塗っていきます!!(3回目)
その前に笠木の中塗り・上塗りをお見せします('ω')ノ




笠木の中塗り・上塗りの写真でわかるように下塗り材より上塗り材の方が
光沢があるのがわかりますね~('ω')ノ


そして外壁の上塗りを塗って外壁の3回塗りは
無事完了でございます(●´ω`●)↓↓↓↓↓↓↓↓




こんな感じにプロじゃなくてもだれが見ても一目瞭然で3回塗られている事が
確認して頂けます!!
外壁の工事はお客様の大切な家を保護する大事な工事です。
けして工事費用もお安くありません。安かろう悪かろうでもいけません!!
ですのでお客様が安心して工事をお任せできるよう、工事が終わっても安心して頂けるように
ココデメンバーと職人達なりにお客様の立場になって工事をさせて頂いております('ω')ノ

外壁工事を安心してされたい方、一度ココデリフォーム春日井北店の
中島にご相談下さいませ(∩´∀`)∩


中古住宅リフォームは家具レイアウト付きがお勧めです!現場レポート1

こんにちわ。

久しぶりの雨。
花粉症の私にとっては最強の味方。
ココデリフォームは水曜日休みなのですが、現場が本日最終の山場を迎えている事もあって
本日、私が出勤です。
昨日は代わりにお休みをいただいて実家の母のプチ介護に行ってきました。

週1~2のプチ介護はなんとか、かんとか・・・続いています。

続いていると言えばこちらも。


週1回 30分のクリーン活動。
無事2か月続けることができました。
時間を作るために苦労してはいますがご近所が綺麗になるので頑張っています!


乾いていたので、なかなか抜けず苦戦しましたが1区画綺麗になりました!
今日は雨が降っているので明日あたり、今週分を行えたらいいと思っています。


さて、本日からはブログのタイトルが変わりました。

そう、今日からは「中古住宅が自分に合っていなければ合わせちゃえ!」リフォームのご紹介となります。
お客様のN様は、飛び込み来店でご相談くださったお客様です。

購入された中古住宅。
基本はとっても気に入ってらっしゃる。
でもいくつか・・・気に入らない場所があるのをリフォームしてほしい。
そんなご相談でした。

店長と二人でお伺いさせていただきました。


玄関からすべて綺麗にリフォームされたお宅・・・どこにご不満が?とおもいきや。
ご不満の原因はこちらのキッチン。
ちなみに


背面に広々としたリビング!!
N様のご家族は、皆とっても仲良し。
みんなでお団子状にくっついて過ごすような楽しいご家族。


つまり!キッチンが対面でないのが気になる点だったのです。

しかし、奥様。
とっても思い付きがユニーク。

キッチンを動かして対面にしようと思わなかったのです。
私にこう言われました。
「キッチン、もう1個つけて欲しいの!」

思わず、心の中でニヤリ。
奥様、すごい頭が柔らかくて発想が豊かだなあと。

ふつうはキッチンを対面にする事を考えますよね?
奥様のご希望は

「コンロの無いパーティーシンクみたいなものを対面でつけて欲しいの~」と。
さらに
「引っ越しこれからなんだけど家具のレイアウトが決まってなくて・・・」

ハイ!お受けします。
キッチンをもう1台つけるなら、位置は家具と相談しなければなりません。


引っ越し後の家具レイアウトと、キッチンリフォームは対の工事。
それに気づいた私はセットでご提案することにさせていただきました。

さらに、その家具レイアウトに合わせて電気工事も行う事に。

面倒とおもわれがちなこの手の仕事が大好きな私。
喜んでお受けしました。



まずは、現場の採寸を行って図面を起こします。
この時、高さ関係も必ず押さえます。

配置したら窓にかぶるとかが事前に分かっていないと
レイアウトのご提案になりません。

家具に合わせて間取りができているわけではないので
いくつか問題となる取り合いも出てきます。

そこをできる限り可能にするのが私の提案。

家具はすべて採寸です。
さあこれを、家の中に組み込んでいきます。もちろんキッチンも!



キッチン同士の距離感。
存在感の大きい無垢1枚板のダイニングテーブル。

さらに3匹のワンチャンのゲージ!!
そして・・・沢山ある食器棚・・・。

1週間くらい、このレイアウトになるまでに時間がかかりました。

全部の家具が入らない事はお客様も納得していらしたので
どの家具を入れて
どんな生活をするか

そこまでご提案をさせて頂きました。

今回は最終ソファーを無くす案で決定。
ワンちゃんとの暮らしや、家族の変化に合わせてソファーが再び戻る日もあると思います。

キッチンは「洗い」専用でお使いになる予定でしたので
「食事後の洗い」専用とさせていただきました。

さらに、キッチンが2つになったことで収納はUP。
他にも入らない家具があったのですが、物は逆にスッポリ納まるようになりました。

ここまでレイアウトが固まった時点でお見積り、工事のお申し込みと流れが進みます。

家具レイアウトと設備の増設は、この後も確認が必要になってきます。

図面上はOKをいただきました。

でもあくまで縮尺の入った紙の上。
これだけで突っ走って現場を進めると
「なんかイメージと違う・・・」とお客様にご不満が出る場合があります。

次回のブログでは、この先、ご納得がいくレイアウトステップ2をお話したいと思います。


マンションとはカビとの闘いです!現場レポート最終回

こんにちわ。

先日の譲渡会の報告を沢山の方にみていただけて本当に嬉しかったです!
ありがとうございます。
そんな中、本日、ココデの人気職人さんの建具屋さんから電話が・・・。

妙に沢山着信があるけど?と思いかけたら
「大変や!子猫2匹捕まえた!!!!」と・・・。

正確には「捕まえてもらった」なんですけどね。動物苦手で。
なんと、作業場の近くにTNRもせず餌だけ野良ニャンに与える人がいるようで
子猫繁殖率が半端ない状態になっているのだそう。

これはいかん!と電話しましたとも
私の猫の救世主はもちろん春日井さくら猫の会の師匠のみ!

師匠、すっ飛んで行ってくださいました。
ありがとうございます!
本当に早く行ってくださって建具屋さんが感動していました!
次回の譲渡会の時にはぜひ手を握り締めてお礼!!させてくださいね。

そして、譲渡会には「フジニャンズ」がきっと参加する事でしょう・・・。

さて、今日の余談はこの辺で。
今日はマンションリフォームの最終回となります。


「マンションとはカビとの闘いです!現場レポート最終回」の続きを読む