マンションとはカビとの闘いです!現場レポート2

こんにちわ。
連休最終日、いかがお過ごしでしょうか?
ココデリフォーム春日井北店は少し早く、本日からお休み明けの営業を再開しています。
ショールームに2組ものお客様が来場くださり
ちょっとビックリ!
連休中にもリフォームの事を考えてくれていたなんて
素直に嬉しいと思ってしまいます。

さて、それでは、本日は現場レポートをお伝えしたいと思います。


前回はカビだらけになってしまっていたコンクリート面を綺麗に除カビで根っこまで取り除いてもらったところまでお伝えしました。

今日はその続きからです。


除カビで下地が綺麗になったところで、次は断熱工事に入ります。
内窓が付けれるように壁を作っていきます。


「?内窓って、既存の枠につけていくんじゃないの?」

ハイ!そう思ったお客様、その通りです。
それが普通の工事です。
私達も枠の幅が、7cmくらいあれば、今回のような壁を作る工事を行う事はありません。

ところが、今回のこちらのマンションは


カビ再びですみません。
こちらリフォーム前に撮影したものですが、グレーの色がもともと付いていたサッシの内枠です。


小さい!
おまけに掃き出しのサッシなのですが、防水の都合で床から上げてある為
下にも木枠があって、床に内窓をドンとつけることができません。
そして、この下枠は縦枠よりさらに小さい・・・。

もう1つ。


サッシの枠からチョロっと出ている黒い棒。
これ、サッシのクレセント(鍵かける所です)。


このクレセントが内窓を付けてもスムーズに動かなくてはいけません。
サッシに寄せてつけてしまうと、クレセントが回らなくなることも多いものです。

調査の段階で
枠の幅
クレセントを動かしたときの出寸法

この2つをきちんと採寸してサッシ屋さんと内窓をどうつけるか検討です。

枠に直接つける場合
枠から飛び出して、内窓の専用部材を使ってつける場合
そして、今回のように内窓がクレセントにあたるので全くつけれない場合と

3つのパターンが考えられるのです。
今回のような場合は


サッシの既設の枠の外に内窓を付けるところまで壁を室内に分厚く作り直して
内窓用の枠を作ってあげると綺麗に納まります。


中には強引につけるリフォーム屋さんもあるかと思いますが。
窓下に埃がガッツリ溜まり掃除機を入れると、内窓の下と掃除機の上がぶつかって
掃除好きにはイライラする結果となります。

私、それが絶対許せないものですから・・・すみません。
もれなくこの納まりでお願いしています。

掃除に邪魔になったら
ただでさえ開閉が面倒な内窓など
やっかいな存在に思われかねません。

あんなに結露を防ぐのに、そんな風に思われたら内窓も不憫です。
気持ちよく使ってもらえるためのひと手間ですね。


せっかく内窓で壁をふかしたので断熱材も入れてしまいます。
窓の枠を覆うようにぐるりと。


窓廻りはシーリング材だけの場所
サッシを付けるための鉄の溶接棒がついていて暖気が逃げやすい部分が多くあります。
ぐるりと取り囲むようにもう一重断熱を施して隙間を埋めていくようにしました。


追加の断熱を施した後は、いつも通り下地を組んでプラスターボードを貼っていきます。


壁が組みあがると天井の下地も組んでいきます。
もともとはクロスが直接貼ってあった場所です。


外壁際だけ、断熱材を天井にも入れたかったのです。


直上は同じように別の住戸がのっています。
部屋の天井全部を断熱にしなくてはならないほどの上下階の温度差は考えにくいです。
でも外壁際は壁のコンクリート伝いに熱が逃げやすくなります。
それを補うために断熱材を部分入れしています。

また断熱材を入れない部分も、空気層ができるので少しは断熱としてもプラスに働くはずです。
そんな一工夫をして


下地を張り上げて完成です。
床のフローリングも貼っていきます。
実はカラーフローリングを貼るの10年ぶりです。
無垢フローリングだけでリフォームさせてもらっているので・・・。
今回は特別中の特別です。


梁型部分はエアコンが付くので合板の下地に貼り替えるおまけ付き。
よりしっかりエアコンが固定できるようになりますのでね。

予算内で、やりくりしながら、ちょこちょこサービスで快適性がUPするよう
小さな工夫をちりばめています。
お客様にご説明する場合もあれば、こっそりサービスの時もあります。

なにがおまけに付いてくるか、工事の内容にもよりますが
それも含めてリフォームを楽しんでもらえたら嬉しいです。


床のフローリングを貼って巾木を付けたら
あら不思議!ぴったり内窓を付ける枠に納まりました!


なんてことは、偶然には起こりません~。
もちろん、こうなるように内窓の下枠の高さを決めて作ったんですね。

お客様がみたら、何とも思わない部分にも手と心配りを抜かず納めさせてもらっています。

自己満足の世界かもしれませんが、よそと比べられることもあるリフォーム工事です。
絶対、一段上の仕事をしている会社であると思われたい!それが私たちのプライドです。

付いてきてくれる職人さんに感謝です。
そんなこんなで、除カビを含めたマンション工事は半分完了です。
続いて玄関のリフォームへと進みます。
コチラもカビ満載・・・マンションって本当にカビが大変ですよね。

少しでも、カビから卒業できるためのお手伝いさせていただきたいと思います!


今日のブログは
昨日帰ってすぐ息子の宿題の添削をしていたら
思い切り空に怒りの邪魔をされた設計桑山でした!
帰ったら、空を抱っこする事より先に何かをすると・・・怒られます!


投稿者