中古住宅リフォームは家具レイアウト付きがお勧めです!現場レポート1

こんにちわ。

久しぶりの雨。
花粉症の私にとっては最強の味方。
ココデリフォームは水曜日休みなのですが、現場が本日最終の山場を迎えている事もあって
本日、私が出勤です。
昨日は代わりにお休みをいただいて実家の母のプチ介護に行ってきました。

週1~2のプチ介護はなんとか、かんとか・・・続いています。

続いていると言えばこちらも。


週1回 30分のクリーン活動。
無事2か月続けることができました。
時間を作るために苦労してはいますがご近所が綺麗になるので頑張っています!


乾いていたので、なかなか抜けず苦戦しましたが1区画綺麗になりました!
今日は雨が降っているので明日あたり、今週分を行えたらいいと思っています。


さて、本日からはブログのタイトルが変わりました。

そう、今日からは「中古住宅が自分に合っていなければ合わせちゃえ!」リフォームのご紹介となります。
お客様のN様は、飛び込み来店でご相談くださったお客様です。

購入された中古住宅。
基本はとっても気に入ってらっしゃる。
でもいくつか・・・気に入らない場所があるのをリフォームしてほしい。
そんなご相談でした。

店長と二人でお伺いさせていただきました。


玄関からすべて綺麗にリフォームされたお宅・・・どこにご不満が?とおもいきや。
ご不満の原因はこちらのキッチン。
ちなみに


背面に広々としたリビング!!
N様のご家族は、皆とっても仲良し。
みんなでお団子状にくっついて過ごすような楽しいご家族。


つまり!キッチンが対面でないのが気になる点だったのです。

しかし、奥様。
とっても思い付きがユニーク。

キッチンを動かして対面にしようと思わなかったのです。
私にこう言われました。
「キッチン、もう1個つけて欲しいの!」

思わず、心の中でニヤリ。
奥様、すごい頭が柔らかくて発想が豊かだなあと。

ふつうはキッチンを対面にする事を考えますよね?
奥様のご希望は

「コンロの無いパーティーシンクみたいなものを対面でつけて欲しいの~」と。
さらに
「引っ越しこれからなんだけど家具のレイアウトが決まってなくて・・・」

ハイ!お受けします。
キッチンをもう1台つけるなら、位置は家具と相談しなければなりません。


引っ越し後の家具レイアウトと、キッチンリフォームは対の工事。
それに気づいた私はセットでご提案することにさせていただきました。

さらに、その家具レイアウトに合わせて電気工事も行う事に。

面倒とおもわれがちなこの手の仕事が大好きな私。
喜んでお受けしました。



まずは、現場の採寸を行って図面を起こします。
この時、高さ関係も必ず押さえます。

配置したら窓にかぶるとかが事前に分かっていないと
レイアウトのご提案になりません。

家具に合わせて間取りができているわけではないので
いくつか問題となる取り合いも出てきます。

そこをできる限り可能にするのが私の提案。

家具はすべて採寸です。
さあこれを、家の中に組み込んでいきます。もちろんキッチンも!



キッチン同士の距離感。
存在感の大きい無垢1枚板のダイニングテーブル。

さらに3匹のワンチャンのゲージ!!
そして・・・沢山ある食器棚・・・。

1週間くらい、このレイアウトになるまでに時間がかかりました。

全部の家具が入らない事はお客様も納得していらしたので
どの家具を入れて
どんな生活をするか

そこまでご提案をさせて頂きました。

今回は最終ソファーを無くす案で決定。
ワンちゃんとの暮らしや、家族の変化に合わせてソファーが再び戻る日もあると思います。

キッチンは「洗い」専用でお使いになる予定でしたので
「食事後の洗い」専用とさせていただきました。

さらに、キッチンが2つになったことで収納はUP。
他にも入らない家具があったのですが、物は逆にスッポリ納まるようになりました。

ここまでレイアウトが固まった時点でお見積り、工事のお申し込みと流れが進みます。

家具レイアウトと設備の増設は、この後も確認が必要になってきます。

図面上はOKをいただきました。

でもあくまで縮尺の入った紙の上。
これだけで突っ走って現場を進めると
「なんかイメージと違う・・・」とお客様にご不満が出る場合があります。

次回のブログでは、この先、ご納得がいくレイアウトステップ2をお話したいと思います。


投稿者