blog

外部改修工事~防水のメンテナンスは定期的に「下地処理」~

こんにちは営業の中島ですm(__)m
すっかり梅雨時期感たっぷりのジメジメな日が続きますね(@_@;)

先日大阪での大きな地震があり知り合いのリフォーム営業マンの働いている会社がある地域が地震エリアに入っていたのでびっくりして連絡をとってみたら大丈夫という事で安心しました。
ですが被害にあったお客様からの修繕依頼の連絡がかなりあるそうでそれにてんやわんやとの事でした。
同じリフォーム営業としてなにかサポートできることがあればと思いましたがなんせ県外。
とりあえずエールだけでも全力で送っておきましたm(__)m
いつ自分の地域が同じ状況になってもおかしくない最近の地震事情。
その時の為に備えておくことはないかと考えさせられる今日この頃ですm(__)m

さて気持ち引き締めて外壁現場レポートをお送りいたしま~す!!
外壁の塗装が完了して次に防水工事スタートです。
既存の防水は陸屋根のシート防水とベランダもシート防水仕様となっております!!

その防水がこんな状態に・・・(@_@;)



ベランダの防水も(@_@;)



屋上のシート防水は既に膨れてしまいベランダは表面の防水が剥離してきていたり
ジョイント部分から捲れてきておりました!!
これではいくら外壁を綺麗に防水しても雨漏りのリスクを防ぐことはできません!!
外壁のメンテナンスと防水のメンテナンスは必ずセットで行う事が必須です!!
今回は屋上はまたシート防水で、ベランダはウレタン塗膜防水でのメンテナンスを行う事になりました。

先ずは既存のシートをしっかり捲っていきます!!




その後に掃除をしっかり行い下地工事でロペモルカチオンを使用して既存の下地を綺麗に馴らしていきます!







これで下地処理は完了です!!
なんでも下地処理、下地工事をしっかり行わないといけません!
しっかり立ち上がりまで下地工事を行ったあとは防水を下地に密着させる為の下塗り工事でございます。
が!!今回のレポート紹介はここまでm(__)m
長々レポートは見て頂く方が疲れてしまうかもですので・・・(-。-)y-゜゜゜
ということにしてまた次回に下塗りからご紹介させて頂きます!!
それではまた(*^_^*)


投稿者