blog

孫の新品プールができたみたいなもんです!現場レポート3


こんにちわ。

先日は春日井の花火大会がありました。

なんとココデリフォーム春日井北店は花火会場までのシャトルバスのバス停の前にあります。

お節介大好きな私達。
今年は、シャトルバスの待合所として、ショールームを無料開放させていただきました。

エアコンを最大にした状態で
店舗のドアをフルオープン。完全に扉を開けて皆さんがためらわず入れるようにしました。

暑い中歩いてバス停まで来た人に一息ついていただくために
椅子も沢山ご用意。

トイレも解放してあるので、チビッコが何度も駆け込んでいました~。よかった!

そして、フルオープンした入口にはウォーターサーバーを設置。
紙コップをご用意し、皆さんがのどを潤してからバスに乗れるようにしました。

遠慮して使ってもらえないかな?と思っていたのですが
予想に反して、皆さんに使ってもらえました。
シャトルバスの対応をしていた市の職員の方にも好評で、来年も続けたいなあと思った次第です。

地域密着、大切ですね~。

さあ、今日は再び現場レポートです。



前回はこの惨劇までお伝えしましたので今日はその続きです。



解体が終わるとメーカーの下見が入ります。
ちゃんとユニットバスが入るだけの寸法が確保できているか・・・。
クリナップのお風呂は断熱材が分厚いので、リフォームには難しい商品です。

ユニットバスを入れるために、基礎を壊したら本末転倒。
どっかの業者と一緒になってしまいます。
基礎を壊さないよう、手前のモルタルだけを丁寧に壊して寸法を確保していきます。



外では水道屋さんが必要がなくなった24時間風呂の機械を撤去。
今回は、配管の入れ替えも行います。
築30年を超えているので、今の配管につなぐことはご法度。

漏水の可能性が高い物への接続は、可能な限り行いません。
まれに・・・どうにもならない場合もありますが
ちゃんとご説明し、リスクを承知していただいています。

メンテナンスができない配管工事は新築時に撲滅しておいてほしいと思います・・・


と言ってる先から・・・漏水。



洗濯機の水栓。
漏水場所は配管ではなく、水栓と配管の取次場所。

お風呂も、キッチンも、水廻りの工事の時には機器を外すので
給水の元(量水器)で水を止めます。

リフォーム中にずーっと断水にはできないので、一旦止めて、配管を処理し
再び開けて、再び止めて・・・と無限ループみたいに水を何度も止めます。

その際には水圧が大きくかかります。
弱っていると、その水圧に耐えられなくて・・・このように水漏れを起こします。

こうなったら、水栓の交換しかありません。
お客様にご説明し、費用は私達が負担して水栓を交換させていただきます。

工事している職人さんに非はありません
もちろん、お客様にも非はありません。
こうゆう場合は私達が負担するしかないのがリフォームの現場。

これで追加をいただくと・・・お客様は安心して工事に臨めません。
できれば楽しくリフォームしていただきたいので、こんな時は私達が受け止めさせていただいています!



大きく基礎に穴が開いていたところの外の様子が見れるようになりました。

そうそう、これが私が調査の段階で見た穴の大きさ!!
室内はユニットバスがあるので見えません。
この穴を見て
「確かに大きいけど・・・ま、あるかな、こんな事も」と思った覚えがあります。

実際はこんな小さな穴ではなくて
大きくあけた穴を、こうやって見えないように隠しただけ・・・が本当の姿だったのですが。


ですので、急遽この段階で板金屋さん手配!
地面近くまで穴が開いてしまっている為、雨が降ったら水を拾って基礎の中に水が入り込む危険性があります。
これを防ぐためには板金屋さんに助けてもらって、水切りを仕込む以外にはありません。

リフォームをしていると
助けてくれるのは自分が積んだ経験と、腕のいい職人さんだけです。

大事にしないと・・・と思います、本当に。



私が、とある作業をしている間に、さくさく配管の入れ替え工事は進んでいきます。

お湯、お水、追い炊き・・・すべての配管を入れなおしていきます。
続く、キッチンに使う配管も、この間から分岐して床下に仕込んであります。
段取り大事です!

配管が綺麗に整理されたので
見た目もスッキリになりました。
室内では



配管工事が終わって、大工さんがユニットバスの基礎を打つための配筋を並べています。

私がしていた作業は、どうにもコンクリートで塞げない
破壊された穴に、断熱ボードを頑張って頑張って穴の形に切り落として蓋を作る事・・・。

ろくに物が作れない私でも、何とか穴が塞げました。
これで空気がどんどん入ってくるのを防げます。
むしろ小動物の侵入が防げます・・・今まで入ってそうな感じでしたね。



最後はコンクリートを流してユニットバスの組み立てを待つばかりです。

私が作った断熱ボードが型枠代わりになっています。
お互いくっつきあって、外部からの水の侵入も防ぐ役目を果たしてくれると思います。

グラスウールでは、水を吸ってしまうので使えません。
断熱ボードに今回は感謝ですね。

穴をふさぐと風もピタっと止まりました。
良かった・・・。

リフォーム現場は毎日がこんな感じに進みます。
何もない・・・そんな日は少なくて
「これ・・・どうする?」なんて議論を現場で戦わせている日がほとんどです。

明後日からは全面リフォームがスタートします。
もーっと苦しんで工事を進めると思います・・・。
明日は定休日。
きちんと休んで、頑張ろうと思います!


今日のブログも、空のこの写真をFacebookのへそ天に応募した設計桑山でした~。
空・・・スカウト来たらどうしようねえ・・・。


投稿者