お部屋に突如トイレが!?介護リフォーム ベットサイドトイレ


こんばんわ。

猫グッズを買いだすと止まらなくなるので極力買わないようにしている
ココデリフォーム一宮店 桑山です。

でも・・・負けました( ノД`)シクシク…

あ、うちの子がこれに入ったら可愛いはず!!

ドーム買っちゃいました(笑)

その思惑通りお二人十分に使いこなしております。
毎朝毎晩ドームでくつろぐ二人を見て仕事の疲れが流れ出ております(笑)
猫って、ほんと、いるだけで神ですよね~。

さて、私の事はおいておいて
今日は久しぶりに「介護リフォーム」をご紹介したいと思います。

その名も「ベットサイドトイレ」を作ってきました。
ある日突然(・・・工事はするんですけどね)お部屋にトイレが出現する!?のです。

詳しくはもう写真見ていただきながらが一番分かりやすいはず!!



高齢のお母さまが過ごされる、ある一室。

お母さまは
身体の動きが辛いにもかかわらず「歩く」「自分で排泄する」事を気合でこなす強い女性。

その姿を見て
息子様たちから
「暑くなるこれから、簡易トイレでは匂いがするはず。母はそれを望んでいないはず」
と、TOTO製の水洗トイレ、ベットサイドトイレの設置を希望いただきました。

実は私以前にもこの相談をいただいた事が何度もあります。
でも毎回

ご自身でトイレに行き
ご自身で衣類を着脱し
ご自身で排泄をする

これができる基本ベットで過ごす高齢者の方を見たことが無かったのです。

ご本人はできればもうトイレに行きたくない・・・
そんな方に「水洗なら本人が行く気になるかも・・・」との希望でご家族が希望する場合ばかりでした。

冷静に私も介護経験者。
本人が行きたくないトイレは
誰がどうしても、何を付けても行きたくないのです。

それを知っているため
過去一度も「やりましょう」と言ったことがありませんでした。

でも今回は違いました。
当の介護されるお母さまがご自分でトイレに行くことを望んでおり
実際に頑張って行かれている。

これはリフォーム屋として是が非でもお母さまの為にトイレ作るしかありません!

水洗トイレ「ベットサイドトイレ」を設置するのは南の元の和室。
お母さまの寝室です。



「ベットサイドトイレ」は便器の後ろに粉砕機が付いていて
汚物もペーパーも綺麗に水で流すことができる専用の室内移動可能な水洗トイレです。

とはいえ、排水も給水もつなぐ必要があります。

今回寝室の前に縁側が
運が良いことにその南の土間に汚水管が走っていました。

工事はまず
排水管を既設の汚水管につなげるところから。

縁側に床下点検口を後付けして排水管を外部から室内へ引き込むための作業スペースを作ります。



外では排水管を掘り出す作業中。
土間コンクリート内部にいる排水管を桝の位置からあたりを付けて掘り起こします。



間違いなく汚水管がありました!

場所を確認したら、配管をつなぐ作業をするために



大きめにカッターを入れてコンクリートを撤去します。
建物基礎側にはベース基礎がでてきているので、これを壊さないように気を付けて作業です。



今回のこの工事の奇跡はここから起こります。

排水管の周りの土をどけると・・・メーターから引き込んである給水管発見!!

排水管と給水管は沿わして入れてあるとはいえ
計画段階ではないものとして、洗濯機の給水から分岐を考えていました。

でも、この位置に給水管が見つかると歓喜が(笑)
全員が「ここから水引き込めばいい!」とほっと胸をなでおろす瞬間です。

洗濯機からの分岐でも良いのですが、給水管をあちこち回してアップダウンさせて配管することになります。
水圧が下がったり
見栄えがわるかったりするので
こうやって地面から出てきてくれるのが一番きれいに圧力を下げずに給水できるのでベストなんです。



早速既設の汚水管に接続桝を付けて
給水、排水管とも立ち上げて基礎の点検口から縁側の床下に配管してあげます。



出来たばかりの床下点検口から体を入れて床下の配管を行います。



配管がむき出しにならないようにカバーを付けて縁側の床下にいた配管を
両方とも床から立ち上げ、トイレを設置する壁に抜いていきます。



入れ込んだ給排水の配管をトイレの配管と接続するための背板を付けて



指示通りに配管の接続を行います。

配管カバーは万が一の時にすぐ止水ができるよう上の蓋はなし。
正面だけ見えないようにカバーを同じく合板で作らせてもらいました。

写真のカバーが付いているホースの中に
室内の移動式水洗トイレ、ベットサイドトイレにつながれる給水・排水管が入っています。
凄ーく細いですよね~



最後は試運転をして部屋にトイレが完成です!

もちろん暖房ウォッシュレット付きのトイレ。
立ち上がったり座ったりする際に握れるアームも完備。

操作は普通のトイレと同じリモコンでOk。

立派な水洗トイレの出来上がりです。
私達が日常使うトイレとなんの変わりもありません。

介護する方も
介護される方も
どちらも簡易トイレの汚物の処理はやはりなんらかの思いが入るもの。

それが解決できる画期的なトイレです。
臭いません。
冷たくもありません。
なんならお尻も洗えます!!

そんなベットサイドトイレ。
初めて付けさせていただきました。

貴重な経験を私も職人さんもさせていただきました。

お客様のおかげでスキルを上げることができました。
本当に感謝で一杯です。

このトイレを使って
お母さまが気持ちよくお過ごしいただけるのが今の私たちの願いです。
どうか、一日でも長くお使いいただけますように。

ご依頼ありがとうございました!