どうしようもない時のみ発動!「ココデガード」で猫飼いさんを守れ!?


本日はじまりは、我が家の3ニャン「てん」の堂々たる寝姿から・・・。

1年前のこの時期に里親になるころを決めた時の「てん」の写真はコチラ。



もう笑うしかないくらいのビフォーアフター。
あのちっこい、可愛い「てん」も最高でしたが

トド並みにでかくなったにも関わらず
ゴロンとひっくり返って必ず私に寄り添って寝てくれる
帰ったら必ずお出迎えしてくれる
抱いて~!!俺を抱いて~!!と常に付きまとってくれる
今のてんの方がずーっと可愛い~と思うから猫飼いって幸せだなって思います。

でも今回のココデリフォームにHELPを出された猫飼いさんは深刻な状態でした。
夏、窓を網戸にして過ごすN様のお宅はお外をお外猫が闊歩するそう。
それを見たお家猫君は大興奮!!

大興奮だけだったら笑い話なのですが
興奮の勢いで人間に激しく噛みつく癖が出るようになってしまったのです。

お年は10歳。
奥様、ご主人様、果てはお父様。
皆様流血騒ぎで終わらず病院で縫う必要があるところまで噛んでしまうニャンコ。

毎年悩みに悩み
探しに探し、ココデリフォームへとたどり着かれたのです。

「2階すべてをニャンコに明け渡します!
 自由に2階で過ごせるように階段から降りることができないようにしてほしい!」とご希望をいただきました。



それがこの階段でした。
階段の踊り場を封鎖することでニャンコが窓を開ける1階に入らないようにすることに。

封鎖と言えば「ニャンガード」。
軽い気持ちで現場に向かうと



まさかの右にも左にも階段!?
このわずかなスペースにピッタリくるサイズ!?
さらに



幅が決まるだけでなく
奥行き方向、つまりドアが開く方向の寸法にも制限があり・・・純正ニャンガードで納まるような気軽な空間ではありませんでした。

さらに
さらに



天井・・・高い。
ニャンガードの製作範囲を超える寸法。
そして垂れ下がる照明。

さすがに現場で苦笑い。
お客様に正直に「ニャンガードでは綺麗に納める寸法を出し切れない」とご説明。
建具屋さんと採寸し実寸大で納まる寸法を出し、巾奥行きともにピッタリの「ニャンガード」ならぬ「ココデガード」を製作させていただく事になりました。

最大の欠点は!!
ニャンガードって本当に優秀な商品で安いんです。
ココデリフォームでオーダーで作る半分の価格で販売されています。

今回は高くなることもご承知いただき、それでもどうしても!ということで製作させていただきました。
レア中のレア。
高くなった分、美しく納まり、できるだけ大きく開けれるようなドアをおつくりしました。



まずは天井までだとディアウォールの施工範囲を超えてしまうため
ペンダントの照明と取り合いを考えながら、2400くらいの位置に
ディアウォールの受けとなる横桟を壁にガッチリ固定。
これにココデガードを組み立ててもらいます。



狭い空間に大きな体を押し込めて取り付けてくれる建具屋さん。
顔出しはNGなんですって~。



今回はあの可愛らしい肉球のレバーはありません。
少し重くてつまんで回すタイプのレバーをご用意しました。

出来上がりはこんな感じ。



やく半日かけてココデガードの組み立て完成です。

ニャンガードは慣れると1時間くらいで出来上がります。
この施工時間の差もニャンガードの凄さだなって感じてしまいました。

工場で作ってもらって、さらに現場でビスの締める量でmm単位の調整をして完成です。
いろんな意味でギリギリまで寄せることにこだわった扉が完成しました。

施工からすでに3日目。
ご連絡がないのでココデガードは無事役目を果たしているものと思います。

ココデリフォームにたどり着くまでに他社から「できない」と言われ困っていらしたお客様。
それを無事解決することができ
猫リフォームに力を注ぐ私としてはうれしい限りです。

「猫」と「家」のお悩み事。
どんなに難しくてもかまいません。
よそで断られても私たちなら可能性はあると思います。

お困りの際には、どうぞココデリフォーム一宮店を見つけてくださいませ。
自称猫執事、桑山が全力でご提案いたします。
皆様からのご相談お待ちしています!