まもなく始まる大規模外構工事のその前に


最近・・・我が家には昭和のおっさんが暮らしているな・・・と思う
ココデリフォーム 桑山です。

腹巻模様がある我が家の3ニャン てん 。
机の下のホカペを独占中。
我が家には食卓はありません。
この座卓が食卓 兼 勉強机 兼 仕事机・・・。なのに誰も足を入れられない。

今日もおじさんは空気を読まないようです。

さて、来週、着工前の検査を受けたのちに始まる特大の外構工事。
OB様が住み替えをされるとの事で、リフォーム屋の私の所に・・・新築の外構工事がやってきました。


できるの??と言われそうですが
私、正直言えば、やる気さえだせば、今でも新築住宅もやれると思います。
もともと、そちら出身。
ただのリフォーム好きってだけで新築にはそーっと背中を向けてきた10年強。

OB様の強いご希望をいただきまして、久しぶりにフル外構を来週から手掛けることになっています。
職人さんは・・・昔新築をやってた頃にお世話になっていた外構屋さん。
10年以上ぶりにチーム組ませていただきます。

このお話をいただいて図面を引いていた頃に実は着工していた外構工事があります。
コチラもOB様からのSOSで施工させていただいた外構工事です。
今日はそのお話をしようと思います。



お隣にアパートが建っていたOB様。
それがある日突然解体され・・・薬局付きの新しいアパートが建つ!?

でも着工が始まると
おいおい!!境界丸見え!?
え??ここ駐車場になるの!?

てな具合でご自宅の境界どころか敷地の中が突然さらされることとなってしまったOB様。
「おまけに・・・窓開けたら駐車場なんだよ!?」と。

大急ぎで目隠し工事をご依頼いただきました。




何をおいても最初にやるべきはプライバシー確保。
窓を開けたら工事作業員さんと毎日ご挨拶ではおちおち暮らしてもいられません。

いつも通り目隠ししつつも風も光も入れられる可動ルーバー雨戸に交換。
これで安心して窓が開けられるように・・・。ほんとこの商品はどこでも使えますねえ。

次は



かなり波を打っていた境界ブロック。
それも巾10cm・・・。
ここにフェンスを付けてもらいました。
職人さん泣かせの場所への設置だったので、最悪の事態に備えて左官屋さんもフォローに入ってもらっての取付となりました。

結局は問題なく取り付けて貰えて一安心ではあったのですが




境界塀と門柱の高さが全然関連性が無い作り方がされていたのでフェンスの高さが門柱を超える・・・
と言う設計になってしまいました。
これ以上短いフェンスもなく・・・久しぶりに「すみません」的な納まりのフェンス。

ただ、色味を門扉や樋の色にリンクさせてあるので悪目立ちすることはありません。
できる範囲で最大限の努力。と言ったところです。

さらに



隣地に何もなくなるまでは気にならなかったポツンと立つ侵入止めのブロック塀。
も、やっぱり気になりますよね。



土間コンもガッツリ割れてしまっているうえに地面は落ちてしまってて



左官屋さんと、あーでもないこーでもない
と二人で納まりとレベルと位置を1時間以上かけて決めて出来上がったのが




これも色を合わせて付けたハイトールの自立フェンス。
植栽を剪定してもらったのでちょっと隙間が空いているように見えますがこれも直ぐ埋まってしまいます。

落ちていた土間コンも綺麗に処理してもらって奥様大満足の納まりになっています。
最後は・・・



「ほんと、草取りヤダ!!」とのご要望で




防草シート付の人工芝を敷かせていただいて工事完了となりました。

この手の工事、意外に手間と時間と納まりを考えるのに労力が必要です。
新築の外構とは違い、見栄えや納まりに気を付けないと、へーんな違和感が生まれるからです。

ちょっとした外構工事だけど・・・綺麗に納めたい。
そんなあなたのご希望は私が叶えますとも!!
むしろ得意の外構工事です。

なんだかピンとこない提案を受けている皆様。
ぜひお声がけくださいませ。
外構屋さんではありませんが・・・1級建築士が手掛ける外構工事・・・もお勧めです!

それでは今日はこの辺で。
次回もどうぞお楽しみに。