新築工事の外構工事始めます 現場レポート4


おはようございます。

同じブログを4度目の正直で書いております・・・桑山です。

不思議なことに消えるんですよ?
ブログ書いてUPすると全部消える・・・土曜日に泣く泣くあきらめて
今日気を取り直して・・・5度目です(笑)

我が家の2ニャンズ。
最近とみに仲良しこよし。

里親になってから2年たつ、3ニャンの「てん」。
ようやく自分から私のお腹に上がってきて
「ママン抱っこして~」とグルーミングをご所望してくれるようになりました。

ニャンコを抱くと幸せホルモンのオキシトシンが出るのでストレスも無くなります。
お互い良いことづくめ!!

そんな朝を送っています。

さあ消えないことを祈って現場レポートしてみましょう。
前回は



前回はコチラ。
テラスに丸い基礎が出来上がったところまでです。
今日はこの続きから。



ぴっちり養生テープを巻き
地上に垂れていた配線などは壁に固定し
基礎にも養生テープを・・・。
このテープラインが土間コンの打設ラインです。

流すコンクリートで他を汚さないようにした処理してから



土間コンクリートを流していきます。

これでテラスを地面にしっかり固定することができた状態ですね。
途中、春一番が吹かないことを切に願っていたことは・・・内緒で。
しっかり万が一に備えていても心配になるのが私です。

土間コンが固まれば最後は



屋根が無かったテラスにFRPの防火指定対応の屋根を貼って仕上がりです。

防火指定のある地域では通常のポリカの屋根材は使えませんからね。



テラス廻りが出来上がったら
次は敷地の両サイドに防草シートと化粧砂利を入れて仕上げていきます。

この時に隣地の境界ブロックとの間の処理を忘れてはいけませんね。
ここ、本当に草が生えますから・・・。
両方のお客様にお声を掛けさせていただいて、防草シートと砂利の敷き込みをさせていただきました。

これで草むしりも楽になると思います!



これでようやく、メインのアプローチ側の工事に突入です。

今回お客様の要望である

たとえ車いすになっても、ぬれずに玄関に入りたい!!

をかなえるには・・・LIXILのプラスGと言う商品しか選択肢がありませんでした。
セミオーダーのアプローチ通路を作ることができるのですが

これがなかなか・・・ルールブックがある強者商品。
理解するまで・・・本当に勉強させていただきました(笑)

いまなら、だれよりも詳しいと思いますよ?この商品。

写真のように柱梁をルールの中で好きに設置することができます。
窓や、建物の大きさに合わせて組み合わせていきます。



プラスGも独立ができる商品です。

建物に荷重をかけないようにしなければならない為、このように外壁から少しだけ話して組み上げてもらいます。
ここも雨が入らないように処理が必要です。

一個ずつ丁寧に組むのでプラスGだけで施工日数・・・1週間くらいかかったでしょうか。



スロープの型枠との干渉を気にしつつ組み上げてもらいました。

上の白く言える部分が屋根材です。
これで仕上がりではなく、下に軒天材を貼ってまるで庇のように仕上げていきます。

出来上がりは・・・うん!高級~ってなります。(笑)

お値段も・・・立派ですが、出来上がりを見れば納得の価格ですね。

次回はこれにカーポートを入れ込んでいくところをご紹介しますね。
それでは次回もどうぞお愉しみに!!