新築住宅の外構工事始めます 現場レポート7


最近、押し入れの中で3ニャン「てん」を見かける日が増えてきました。

2ニャンコの為に、1階を開け離してエアコンをかけています。
少し前までは階段の最上段に寝ていた、てんですが・・・
最近は暑いのかエアコンが掛かっている和室の押し入れに籠る毎日です。

すこーし襖を開けておくので
出入り自由・・・なのですが

本日間違えて締めてしまったものだから大変!

押し入れの中から、てんが体当たりをかましまして
その音が激しくて・・・「何事だ!?」となりました(笑)

猫飼いの皆様。
どうぞ猫の締め切りにはご注意くださいませ!!

さて前回は・・・



スロープに大判600角タイルを貼ったところまでお伝えしました。
今日はこの続きから。



途中まで以前積んでいた門柱もこんな感じに組み上がってきました。

タイルもそうですが
ベージュ、グレーを基調とするイメージがお客様の中に根強く合って
それはブレることが全くなく、私としてはとても商品選定がしやすいお客様でした。

統一感を出してシンプルに。
完成してからご自分で植栽等でゆっくり色付けできるので
このような
シンプルで、でも良いものを使って作る外構が好きです。



下のタイルが仕上がれば
待ってもらっていたアプローチの屋根の仕上げに取り掛かっていきます。

プラスGに屋根だけを葺くとこんな感じになります。
でも、このままだと・・・プラスGの良さは半減するような???(笑)

だって



軒天材を貼ることができる商品なんですもの!

木目調が綺麗な軒天材を下から1枚ずつ貼って仕上げていきます。
一気にゴージャスな感じになります。

私が選んで提案し
お客様が気に入ってくださって決めたのですが

出来上がると二人そろって「おー!!」。

まるで知らなかったように驚きが襲いました。
それくらい見た目と雰囲気ががらりと変わります。



その先を見れば・・・ちゃんとカーポートの躯体ができてる。

下にいる外構屋さんと
上にいるアルミ屋さん、譲り合って共同作業ってわけにはいかないので
日を分けて作業してもらっています。




カーポートの屋根が長いので運搬途中で割れてしまい再手配となってしまいましたが・・・
それでも屋根材が付くと一気に仕上がりだした感が沸き上がりますね。

作業も雨にぬれずにできるようになったりするのでやりやすいですよ。




アプローチ部分の階段もすべてタイルが貼りあがりました。

うーん。
やっぱり600角タイルの存在感は半端ないですね。
見た目はタイル目地が少ないので本当にスッキリしているのですが、存在感だけはある。

さすがです。



スロープの脇に据え付けてもらったのはガーデンシンク。

これお湯も出るし、シャワーも出るし
サイズは90cm×60cmだし・・・キングクラスのガーデンシンクです。

目的があってこのサイズにしたのですが
うん。探すのはほーんと大変でした(笑)

でもお客様から「使い勝手最高!」とお聞きしたので苦労も吹っ飛びます。

まだこの時には水栓とかついてないので少々殺風景ではありますがそれでも
色味が少ないこちらの現場ではひときわ目立つ存在になったことは間違いがありません。

さあ次は一気に駐車場部分の床を仕上げていくところをご紹介していきたいと思います。
次回もどうぞお楽しみに。