11ページ目

うにちゃん(女の子・2歳)

<家族になった馴れ初め>
以前猫ちゃんとワンちゃんを飼われていたそうでその子たちが亡くなってしまい、とても寂しい毎日だったそうです。
また猫ちゃんかワンちゃんと一緒に暮らしたいと思い何度か保護猫の譲渡会に参加されていろんな猫ちゃんを見てきて出会ってしまった運命の猫ちゃん。
それがウニちゃんだったそうです。


一目ぼれで即トライアルを申し込まれたそうです。  
10日間のトライアルでお家に連れて帰って3日間は慣れない様子で寄ってこなかったそうです。  
でもそこで無理に構わずウニちゃんの好きにさせておいたらそのあとからウニちゃんの方から寄ってきてくれて家でもお腹をだして寝るようになるかなり家族としての距離が近くなったそうです。


「うにちゃん(女の子・2歳)」の続きを読む

8/26 保護猫譲渡会のご報告


こんにちわ・・・
譲渡会開催がある事、一週間前・・・。

本当にすいません。
ご報告が遅れまして。
ええ、「書かなきゃ」と思っていても
「書く時間」が私の事情で見つけられませんでした。

すいません!!

それではご報告です!

8/26(日)
春日井さくら猫の会の皆様による
ココデリフォーム春日井北店での
保護猫譲渡会。


めちゃくちゃ暑い中、7月同様、予定外のご参加  心よりお礼申し上げます!!
ほんっとーに、ありがとうございました。

暑かったですよね。

そんな中

ご来場24組 54名様
参加猫42匹 トライアル9匹(現段階で増えているそうです)

の結果となりました。
暑い時期のトライアルは、寒くなるほど少ないと聞いていましたが なんとか、なんとか、皆さんのご厚意で家族になる練習にニャン達を送り出すことができました。

ありがとうございます。

譲渡会当日は、毎月のように時間前から並んでいただいております。


「8/26 保護猫譲渡会のご報告」の続きを読む

そらちゃん(男の子・3歳)


<家族になった馴れ初め>
ネコが大好きな一級建築士桑山の愛猫。

大阪のロシアンブルー専門のブリーダーさんから家族として譲り受ける。

なぜペットショップで購入しなかったのか?

初めての猫を家族に迎えるにあたってネットでいろいろ調べていた所「パピーミル」と呼ばれる言葉を知りました。
「パピーミル」とは「犬猫製造工場」と言う意味です。

ペットショップは子犬子猫の小売り業。
小売業が成り立つ仕組みは、安価に大量購入し、流通展示後、販売という流れです。

物ならばともかく
子犬子猫の「命」を「安価に大量購入」・・・違和感しか感じません。
その大量生産場所が「パピーミル」です。

愛情も、時間も、お金も一切かけず
劣悪な環境で来る日も来る日も繁殖、子育てさえられ
その一生をケージの中で暮らし
繁殖できなくなると殺処分される・・・。
それがパピーミルとよばれる製造工場の実態だそうです。

これを知って、ペットショップでの生体販売反対になりました。

ペットショップの生体販売反対の意思表示として
ブリーダーさんが大切に育てた子猫を家族に迎える事に決め、空と出会う事になったのです。


「そらちゃん(男の子・3歳)」の続きを読む

ごまちゃん


リフォームのお客様の愛猫、ごまちゃん。ブログでも大変お世話になりました。