断熱遮熱塗料ガイナがサッカー界へ飛び出した!?


昨日譲渡会で撮影した、レジン先生の所の「りょうま」君。
実は、密かに息子かなり熱い視線を送り中。

息子は、オレのニャンコが欲しい!空は私のニャンコなので・・・。
昨年、虹の橋を渡った光(コウ)ちゃんを失って約1年。
失って初めて、この子・・・と言ったのが、りょうま君。

でも、息子は7月に手術が決まっていて入院するため
新しいニャンコのお迎えは8月まで絶対に無理。

その間に素敵な里親様が見つかれば、りょうま君にとってそれが一番素敵な事。
見守っていきたいと思います。

光ちゃんが息子の所に来たのが昨年8月。
8月にまたご縁があればいいなあと思っています。

ニャンコとのご縁は不思議な物です。
きっと我が家に来るべきニャンコがきっと準備していてくれるはず。
楽しみに待ちたいと思います。

さて、今日は、まかさのサッカーシューズのお話をしましょう!?



サッカーシューズの話にガイナ??

私と店長が、信頼というより、愛している断熱遮熱塗料 日進産業 ガイナ。

外壁に塗ったら異様に夏のエアコンが効き
室内に塗ったら、恐ろしく暖房が効き、おまけに消臭効果もあり
正直、ガイナ語らせたら、日進産業の人より暑く語れる自信がある、ガイナ。

そのガイナが、サッカー界では有名な


「アンブロ」ブランド×日進産業 ガイナでサッカーのスパイクを発売!!


したのです。


開発に3年。
涙なしでは語れないらしい!?開発経緯がありつつも、無事この5月に



発売。

私は息子はバスケ小僧なのでサッカーについては全然知識がないのですが
なんと、人工芝のフィールドの温度は70~80℃になるそうなんです。

チビッコも頑張るサッカーのグラウンドがそんな高温になっているなんて初めて知りました。

足の裏は、スパイク越しに低温やけどをするそうなのです。

なんと・・・危険な・・・。


「熱を遮断」できれば!!


子供から大人まで真剣に頑張るスポーツ。
なのに、そんな危険が潜んでいるのでは親としては心配ですよね。

スパイクの機能を損なわず、熱を通さず放射する方法・・・といえば!!
そう、ガイナの「遮熱」ではなく「放射」です。

以前外壁塗装でもお話しましたが、ガイナは



遮熱力はもちろんのこと、プラスαで、熱エネルギーを「放射」する力をもっているとお話ししました。

ガイナが断熱遮熱塗料でシェアNO1を誇るのはこの「放射」する力があるからです。

サッカーの一流メーカー様が目に付けたのもこの点。

芝生からスパイクに届く70~80℃の熱をガイナの放射の力で、空気中へ戻すことができれば
一旦は暑くなるスパイクも、足の裏までたどり着くことなく空気中へ戻るため安心して履く事ができます。

この原理、実は私達は実感しています。
真夏の屋根塗装。
塗装する前は、およそ100℃の屋根の上を抜き足差し足で歩いていた職人さん。
ガイナを塗装するのが実は待ち遠しいそうです。

なぜなら、ガイナを塗ると全然足の裏が暑くならないから。
職人さんが、毎年夏に同じことを言うので、保証100%!!

100℃の屋根が歩けるのですから
70~80℃のフィールドは全然大丈夫になるはずです。



写真右がガイナが塗られていないスパイク。
写真左がガイナが塗られているスパイク。


「所詮実験でしょ?実際はこんなにわかんないんじゃない??」と思われた皆様。

いえ、リフォーム屋が太鼓判を押すもの変ですが
絶対にこのグラフ通りに最低でも差を感じることができるはずです。


ココデの外壁塗装の職人さんたちがこぞって、真夏の屋根で「ガイナ塗ると暑くない!」って言っていますから。
この夏、昨年と同じ酷暑になるかもしれません。

リフォーム屋が言うのもなんですが
ガイナは絶対効果を出します。

我が子の足の裏を守るために是非、商品見てもらいたいですね。

で!
「家が暑い」お客様。
外壁塗装、屋根塗装が絶対ガイナがお勧めです!(これ本業!)
酷暑の前に、スパイクも屋根も外壁もガイナで楽にのりきる工夫を~。

今日はここまで。
今日も語ってしまいました・・・。
日進産業さん、バスケのバッシュ内の摩擦熱もなんとかならんですかね?
息子、脚の裏の皮、何度捲れた事か・・・。検討お願いします!