北名古屋市 修繕が終われば台風被害は怖くない!(火災保険適応)

「日頃のお付き合いで女性の一人暮らしでも安心でした。
 保険会社さんも業者さんもすぐ動いてくれて頼もしかった!」



施工場所:北名古屋市 M様邸
リフォーム場所:戸建て屋根(台風被害修繕)
リフォーム期間:1週間



工事内容:漆喰欠落部 修繕
     屋根番線切断部 修繕
     谷板金捲れ 修繕


ご家族:奥様


担当:中島



緑に見えるのが動いてしまった銅の谷板金。


一番の被害は風で玄関上の谷板金が動いてしまったこと。
そのために谷板金の奥へと雨が入り込み中の土まで流れ出るほどでした。
台風直後に
それまで気づかなかった雨漏りのシミが天井に広がりお客様も自体の深刻さに気付かれたようです。

必要最小限の工事で十分であること。
保険会社さんに相談したら火災保険が使えるといわれた事。
先にご自身で保険会社さんに相談しておいてくださったため私たちの保険申請の準備もスムーズに進めることができました。

念のため他の部分も「屋根調査」させていただき、雨漏りまでは被害が出ていないものの
あちこちこの先、雨漏りを引き起こしそうな被害が見られたので一緒に修繕させていただく事となりました。





雨漏りを引き起こした谷板金のそばの瓦を止める番線も動いた影響で断線。
屋根は一体で安定させているため、一つが崩れるとあちこち引っ張られるように影響がでます。




無事保険が満額支給されたので、工事契約を結び着工します。

一番被害の大きい所から順に修繕です。
瓦を外し新しい谷板金に差し替えをしました。板金は変形し使うことができなかったのです。
次に瓦がずれてしまったものを調整して元の位置に戻しあと
動いた棟瓦の番線を新しいもので絞めていきます。

これで雨漏りは止まるようになりました。




弱っていた部分でしょうか。
漆喰があちこち飛ばされて瓦の上に散乱していました。



こちらも保険適応していただけたので火災保険の範囲内で修繕することができました。
ありがたい限りです。
材料を持ってきて、かつ職人さんの日当もでているので
これ以外の気になる部分も追加費用をいただくことなくついでに漆喰補修をしてもらいました。



これで無事に台風被害の修繕が完了しました。

全てが火災保険で降りた保険金額内におさまる内容になっているのでお客様の負担も発生せず
雨漏りも止まり安心して住んでいただけるようになりました。

一番良いのは大きな台風が来ない事ですが
ここ数年やっぱり少し気象がおかしな状況が続いています。
火災保険を使うためにも
「劣化が無い事」
「台風が来る前は無害だったこと」を証明しておくことが一番です。
劣化と判断されれば火災保険はおりません。

屋根調査は台風被害が起きてから行うものではなく
いざと言うときに火災保険を間違いなく使えるようにするために
今、何も起きていない時に「何も起きていないこと」を調査しておくことが最大の目的となります。

屋根診断は無料です。
気になる方はココデリフォームまでお問い合わせくださいませ。
(屋根診断は無料サービスです。そのため調査日時はこちらの都合に合わせていただく事お願い申し上げます)